食べるということは幸せなことであり、ダイエットで食べるのを控えるのはつらいこと

ここでは、「食べるということは幸せなことであり、ダイエットで食べるのを控えるのはつらいこと」 に関する記事を紹介しています。
最新記事

★管理人ダイエットグッズ体験記
  ・腹巻ダイエットは効果がある?腹巻をするとおなかの調子がいい
  ・おから100%クッキー購入してみました!普通にうまい!水をよく飲む!
  ・健康フーズのうの花クッキーを購入してみました
  ・明治おなか満足ダイエットビスケット!味は満足
  ・樫木裕実のカーヴィーダンスで部分やせでメラメラメラメラ
  ・パワーバランスダイエット!?精神的なものなのか
  ・オルビスのダイエットプチシェイクは自分には満足できなかった
  ・ライオンのラクトフェリンがダイエットに効果あり?ラブレプラスのほうは特に実感なし
  ・オーガランドの置き換えダイエットシェイクの味はおいしい!けどジュースを飲みたいわけじゃない
  ・サラシア茶にダイエット効果はある?注目をあつめるお茶ダイエット
  ・ホタルイカダイエットはありか?ホタルイカのスルメを買ってみた


★常盤えりかさん関連記事
  ・常盤えりかの本「190kgから奇跡のダイエット」感想
  ・常盤えりかさんの本の感想2
  ・常盤えりかさんがダイエットに成功した理由1 ミラクルチェンジ(他人)の力
  ・的確なダイエット方針があったから常盤えりかさんはぶれなかった?
  ・常盤えりかさんがダイエットをやめようとした、その後の行動
  ・常盤えりかさんはダイエットをやめれない状況を作り出した?
  ・常盤えりかさんはダイエット日記をつけていたからダイエットに成功した?
  ・10月20日常盤えりかさん まとめと感想
  ・10月13日常盤えりかさんスペシャルの感想とまとめ
  ・常盤えりかさんについて



食べるということは、楽しいことだと

最近自分はそういうことを思っています。

オードブル

これさぁ・・・

一時期、食べるのがすごいめんどくさかったんです。

食事をつくったり、食べ終わった後は食器を洗ったり

そして歯をみがいたり、それで体重が増える
とか

なにもメリットがないように思えるじゃないですか!


でも、意識が変わればすべて変わるというか

食べることが幸せ

というように思うようになったら

食べるために生きているとも思うというか

食べることができて、生まれてきてよかった!

と思ったりしますからね。


だから、そういう食べるのが楽しい人にとっては

ダイエットは難しいと思います。

むしろ

食べるのが楽しいのなら、ダイエットをする必要がないじゃないか!


食べるのが幸せなら、ダイエットなんてしなければいいじゃないか!

なんで幸せを放棄してまで、食べるのを控えるのか?

食べるのが幸せなら食べればいいと思います。

もちろん、限度を抑えて食べればいいんですよ。


人間絶対食べ飽きるというか

食べることがつまらなくなる時期

というのはあると思いますよ。

いや、食べることはおいしいと感じても

そこまで「食べるのが私の幸せ」ぐらいのことを

思い続けることはできないと思います。


惰性でだらだらと食べているのなら

そりゃー、食べるのを控えればいいと思います。

でも、食べるのがおいしくて、食べるのが幸せなら

それを遮断するのは、人生もったいないと思います。


人間絶対そこまで長いこと

「食べることが幸せ」だと思い続けることは不可能

だと思います。

なぜなら、人間ってもっと欲深いものだと思いますから。


食べるより、もっと欲深いものを欲するようになると思うんです。

そうなると、自然と食べることも控えられると思いますけどね。


食べたいのなら食べればいいし

そこまで食べたいと思わないのなら

食べないように、がんばればいいわけです。


そもそもダイエットをしているというのは

痩せたいと思っているわけで

痩せたいと思っているのなら、食べたいとは思わないでしょ!

だって、食べたら太る可能性があがるわけですから!


結局ダイエットというのは、食べることと、痩せること

どちらがメリットがあるのか、天秤にかけているだけなのかもしれませんね。


【関連記事はこちら】

ダイエットのできない人の特徴として、安売りと賞味期限がある


一番愚な行為は、食べたいと思ってもいないのに食べることだと思います。

たとえば「賞味期限が近いから無理して食べる」とか

「残すのがもったいないから無理して食べる」とか

そういうのが一番愚な食べる行為だと思います。

食べるのなら、もっと幸せを感じて食べたいところですよねぇ。

関連タグ : ダイエット,